掃除用洗剤の種類

掃除用洗剤の種類

掃除をする時は、汚れの種類や場所によって洗剤を使い分けると、より効率的に作業を進めることができます。住宅用洗剤として多く販売されているのは、中性洗剤・アルカリ洗剤・酸性洗剤です。どの洗剤も住宅の汚れを除去するのに有効ですが、汚れの種類によって使い分けると、より高い効果を発揮してくれます。
中でも幅広い用途で使えるのが中性洗剤です。代表的な中性洗剤と言えば食器用洗剤ですが、他にも浴室や水回りなどの汚れを除去するのに有効です。中性洗剤が1つあると色々な用途に使えますから、引越しなどの際に最初に買う洗剤としてもお勧めです。
中性洗剤以外にキッチンで活躍するのが、アルカリ性洗剤です。アルカリ性洗剤は油汚れの除去などに効果を発揮しますから、換気扇やコンロ回りの油汚れを落とす際には用意しておきたい洗剤と言えます。油に直接染み込ませる方法でも使えますし、雑巾に染み込ませてからふき取る方法でも同様の効果を得られます。
それほど頑固でない汚れの場合には、弱アルカリ性の洗剤で取れる場合もあります。掃除方法としては、まず弱アルカリ性洗剤を試してみて、それでも落ちない汚れにはアルカリ性を塗布するという方法がお勧めです。住居を傷めないためにはできるだけ刺激を与えない方がいいですから、最初は弱い洗剤から使いましょう。
またトイレ掃除には、酸性洗剤を使うのが適しています。尿石や水アカの除去は、酸性以外の洗剤ではあまり効果が得られませんから、トイレ掃除には酸性洗剤を使うことをお勧めします。カビやサビなど、洗剤では取れない汚れがある場合には、専用の除去剤を使うことで簡単に落とせます。