押入れの掃除

押入れの掃除

和室の強い味方と言えば、押入れです。押入れには多くの物が収納できますが、それだけにお手入れを怠ると収納物にまでダメージを与えることになってしまいます。大切なものをカビやダニなどから守るためにも、押入れの中は定期的に掃除をして衛生的な状態を保ちましょう。
押入れの掃除方法では、掃除機と乾拭きが基本です。押入れは木製ですから水に弱く、水武器をすると木がたわんで歪みを生じる恐れがあります。
押入れにはたくさんの物が入っていますが、掃除の際には中身を全て外に出すことから始めましょう。たまに中身を入れたまま掃除をしようとする人がいますが、それではほとんど掃除としての意味を成さず、またカビやダニがないかどうかチェックすることもできません。押入れの掃除では、面倒でも中身を出して内部の状態を確認しながら作業を進めましょう。
カビが生えていた場合には、カビ取り剤を使った方法で除去します。押入れのカビは放っておくと収納している布団や衣類に移ってしまいますから、カビ取り剤でしっかりと取り除きましょう。
掃除の後は、中身をできるだけしっかりと乾燥することが大切です。乾燥効率を上げる方法としては、扇風機を当てて風を送り込む方法がお勧めです。また普段の使用時から湿気を溜めない工夫も必要です。
押入れの湿気を防ぐ方法はいくつかありますが、お勧めなのは墨シートやすのこを敷く方法です。墨シートには湿気を吸い取ってくれる効果があり、またすのこは底や内壁に立てかけることで通気性をアップし、湿気が溜まらないようにしてくれます。