郵便局への転送届の出し方

郵便局への転送届の出し方

引っ越しをした後に郵便物がきちんと届くようにするには、郵便局に転送届を出しておく必要があります。全てを住所変更するのは難しいですからね。

届けをしておけば届け日から向う1年間は転送してくれるという嬉しいサービスです。この1年の間に住所変更を順に行っていけばいいですね。変更が間に合わない場合は1年以上転送することも可能ですので、郵便局で相談してみましょう。

手続きは引っ越し日が決まったら済ませておくといいでしょう。引っ越しの前月から受付してもらえます。遅くとも1週間前までには済ませておくようにしましょう。あまり遅いと新居に届かない郵便物が出てきてしまいます。

近くに郵便局がある場合は、直接行って手続きすると安心です。身分証明書と印鑑を持って、新居の住所を覚えていない方はメモをして郵便局に行きましょう。

転居届専用のはがきを使って行うこともできます。郵便局に行く機会があれば、1~2通もらっておいておきましょう。全国共通ですので、見かけた時にもらうように覚えておきましょう。

自宅でインターネットが可能な方は「e転居」サービスを使うといいでしょう。日本郵便のホームページから転居届を出すことができます。仕事で忙しい方にはぴったりのサービスです。大切な郵便物が届かないということにならないよう、きちんと済ませておきましょう。親しい人には引っ越しの後、きちんと新住所をお知らせしましょうね。