携帯電話の引っ越し手続き

携帯電話の引っ越し手続き

携帯電話は引っ越ししても番号が変わらないからいいや、と安心してはいけません。住所の変更届けをしないままでいると、電話会社からの通知や請求書などが届かなくなってしまいます。
近くに使っているキャリアの店舗がある場合は、店頭で手続きをしてもらえばものの10分で済みます。確実なのでオススメです。
身分証明書である運転免許証やパスポート、健康保険証などを持参し、印鑑も持っていきましょう。契約時に設定したパスワードも必要になります。
新しい住所に変更したことがわかるものを持っていくといいでしょう。身分証明書もしくは住民票や公共料金の払い込み用紙などでも大丈夫です。
お店に行く時間がない方は、コールセンターか専用ホームページから行うことができます。ただし携帯電話各社で手続きの内容は違いますので、出来るのかどうか必ず確認してから行うようにしましょう。
ホームページの場合はメンテナンスなどで手続きできないこともあります。コールセンターは時間帯によってはなかなか繋がらないこともありますね。直前になって慌てなくていいように、引っ越しの手続きは余裕を持って行いましょう。
また、遠方に引っ越しされる場合は引き落としの金融機関を変更する方もいらっしゃるでしょう。その場合は新しい銀行口座の情報が必要になりますので予め準備しておきましょう。
引っ越しと一緒にキャリアも変えるということもありますね。郊外に行くと電波の状況がキャリアによって違うので、住んでから落ち着いて考えるといいでしょう。