引っ越す時は転出届を出そう

引っ越す時は転出届を出そう

引っ越しは新生活の始まりということで楽しみもありますが、面倒なことのほうが多いですね。やるべき手続きもたくさんありますので、順序よく出来るようにメモしておきましょう。
私たちが普段何気なく利用している行政のサービスですが、受けるためにはその市区町村に住民票を置いておかなくてはいけません。遠方に引っ越しの場合は手続きをスムーズに行えるように取り忘れに注意しましょう。
転出届の届出期間を覚えておきましょう。引っ越し14日前から引っ越し当日を挟んで14日後まで、つまり1ヶ月もないことになります。
新しい住まいが決まり住所がわかったら取りにいきましょう。場所は今住んでいる(住民登録のある)市区町村の役所です。
手続きコーナーに転出届が置いてありますので記入し、受付に出すと転出証明書をもらえます。それを新しい市区町村の役所に持っていくと住民登録の異動になります。
新しい役所では転入届を出します。この時に必要になりますので、荷物の中に入れてなくさないように転出届は大切に保管しておいてください。
仕事などで忙しくていく暇がない、という方は代理人に委任することもできます。本人もしくは世帯主の委任状が必要になりますので、あらかじめ用意しておきましょう。
身分証明書と印鑑が手続き時に必要になりますので、その用意も忘れずに。後でこれがないあれがないとならないように、まとめておきましょうね。
転出転入届以外にも、役所でないとできないことは結構あります。役所に行くのを出来るだけ少なく済ませられるように、何をするのに何が必要か把握しておきましょう。