印鑑登録も新しくしよう

印鑑登録も新しくしよう

頻繁に使うものではありませんが、いざという時必要になるのが印鑑証明です。市区町村を異動するとその度に新しく手続きをする必要があるので、引っ越ししたら忘れずに行いましょう。
住民票を移すとその時点で無効になりますので、市外に出る場合は持っている印鑑証明や印鑑証明カードも同時に無効になります。印鑑証明を廃止する手続きなどは必要ありません。
同じ市内で引っ越しの場合は、住民票の異動と一緒に印鑑登録の住所も変更になりますので、カードなどはそのまま使えます。市外に出るときは全く新規で手続きをする、と覚えておきましょう。
引っ越しの際は必ず一度は市区町村の役所に足を運ぶことになります。転入届やその他の手続きを合わせて、わからないことがあれば事前に問い合わせておくといいでしょう。
今まで印鑑登録をしたことがない、と言う方はこれを機に実印を作成するのもいいでしょう。実印でなくても、破損していない三文判やその他の印鑑でも登録はできます。
登録時は本人確認の身分証明書が必要になります。運転免許証かパスポート、住民基本台帳カードなどを持参しましょう。写真がない健康保険証などですと、発行までに時間がかかる場合があります。
基本的には本人が登録することになりますが、どうしても時間がない場合は代理人に任せることもできます。その場合は委任状が必要ですので、作成しておきましょう。
印鑑証明書は引っ越しの後に使う機会が出てきますので、作成したらその場で発行し、2~3枚手元に置いておくといいでしょう。役所に行く時間が省けます。