ガスの引っ越し手続き

ガスの引っ越し手続き

ライフラインは引っ越しした後すぐに使い始めるものです。使えないと生活に支障が出ますので、変更の手続きは早めに行うようにしましょう。
大体2週間前ぐらいには管轄のガス会社に連絡をし、引っ越しの日時と場所を伝えておきましょう。電話で行うこともできますし、今はガス会社のホームページからも済ませることができます。
ガス会社から送られてくる領収証や毎月の使用量の紙がありますね。こうした手続きの際にお客様番号などの情報が必要になりますので、1枚保管しておくと便利です。
ガスで重要なのは、開栓閉栓の立会いがあるということです。都合がつかないからといって省略することはできません。必ず本人もしくは代理人の立会いが必要になります。
閉栓は引っ越し作業が始まる前に済ませられるといいですね。時間をうまく調整しておきましょう。
開栓はガス漏れのチェックや警報機の設置などを行います。出来れば引っ越しの当日に済ませられるように、時間の予約を行っておきましょう。
使ったガス代は日割り計算で出してもらえます。その場で清算することも可能ですが、後日振込みにもできます。ガス代を引き落としやクレジットカード払いにしている方は、そこから落としてもらえます。
ガスには都市ガスとプロパンガスがあります。自分の家がどちらかは把握しておいてくださいね。
都市ガスとプロパンでは閉栓の方法が異なるので、ガスは特に余裕を持って手続きをするようにしてください。後で慌てないように計画的に行いましょうね。