引っ越しに伴う変更手続き~金融機関関係~

引っ越しに伴う変更手続き~金融機関関係~

クレジットカードや銀行の通帳、カードも引っ越しと同時に住所変更の手続きを行わなくてはいけません。引っ越し後時間が経つと、金融機関からの郵送物が届かなくなる恐れがあるためです。
銀行の場合、普段は通帳を使わずにカードだけでお金の出し入れをしている方も多いでしょう。うっかり忘れてしまいがちですので、忘れないようにすることリストにメモしておきましょう。
まずは銀行での変更手続きです。電話やインターネットで行える金融機関もありますが、基本的には口座を作った支店で行うほうがいいでしょう。
その際、口座作成時の銀行印と通帳、身分証明書が必要になりますので用意しておきましょう。時間がなくて平日に銀行にいけない、と言う方は電話などの方法で行えばいいですね。
口座を作ったのがかなり前ですと、当時の印鑑を紛失したりしていることもあるでしょう。新しい印鑑を持っていき、事情を説明して登録の印鑑も変えてもらいましょう。
新居の近くによく使う銀行がない場合は、利用しやすい銀行に変えてもいいでしょう。ライフラインの引き落としや家賃、給与振込みなども変更可能なら新しい口座に変更すると楽ですよ。
クレジットカードをたくさん持っている方は、住所変更も大変です。引っ越しをきっかけに、カードの整理を行ってもいいですね。まったく使わないクレジットカードを持っているかもしれません。
解約にしろ住所変更にしろ、カスタマーセンターに電話をして手続きを行いましょう。休日はやっていないところもあるので、会社の昼休みなどをうまく利用しましょう。