運転免許証の住所を変更するには

運転免許証の住所を変更するには

引っ越しをすると様々な変更手続きを行わなくてはいけません。身分証明書である運転免許証の住所変更も、必要な手続きのひとつです。
引っ越しが決まったら管轄の警察署や免許センターを調べておきましょう。なるべく引っ越し後すぐに行ったほうが、後々の手続きもスムーズになります。
変更手続きには身分証明書の住所が必要になることがほとんどですからね。すぐに行けるように必要書類も用意しておくといいでしょう。
必要な書類は新しく登録した住民票と証明写真です。証明写真は警察署でもとれますが、予め撮れるのであれば用意しておくといいでしょう。
転入届を出しに役所へ行き、そこで住民票を取得し、そのまま警察署へ行けばスムーズです。新しい住所を証明するものが必ず必要になります。
もし転入届を出す前に行くのであれば、新住所の記載がある公共料金の払い込み領収書もしくは納税通知書などが必要になります。自分の手書きである社会保険証などでは受付できないことがほとんどです。
変更手続きに特別な費用は要りません。特別何かがなければ、即日変更可能です。
今持っている免許証自体は新しくなりませんが、裏面に変更後の住所が記載されます。運転免許証のコピーなどをとる場合は、この裏面も忘れないようにしましょう。
結婚が伴う場合女性ですと、姓が変わり本籍地も変わることがあります。その場合は本籍地が記載された住民票が必要になりますので、役所で取得する場合は忘れないように気をつけてくださいね。