健康保険の引っ越し手続き

健康保険の引っ越し手続き

健康保険に加入している方は、引っ越しの手続きが必要になります。身分証明書でもある保険証ですので、速やかに住所変更をするようにしましょう。
カード型の保険証と紙の保険証がありますね。紙の保険証は自分で勝手に変更してはいけません。必ず管轄の市区町村役所で行うようにしてくださいね。
国民健康保険に加入されている方は、引っ越しの14日前から手続きが可能です。新しい住所がわかったらすぐにでも行うといいでしょう。
保険証と印鑑を持参し、役所に提出しましょう。引っ越しした後に行く場合は、転出証明書も一緒に持参してください。
今まで使っていた保険証は無効と同時に返却となります。新しく発行してもらえますので、今ある保険証を持参し忘れないように気をつけてください。
役所で行う他の手続きと一緒にまとめて済ませてしまいましょう。書類系はまとめておくといいですね。
社会保険の場合は勝手が違います。事業主を通しての手続きになりますから、勤務先や団体、機関などに転居した届出を行ってください。後は任せて大丈夫です。
社会保険はカード型の保険証になっていて、裏面に自分で住所を記入するようになっています。これは自分で手書きで訂正しておきましょう。
注意しなくてはいけないのが、退社したあとに任意継続で社会保険に入っているような人です。この方はご自分で社会保険組合に連絡しなくてはいけません。
住所変更を伝えないと、保険料の納付書が届かない可能性があります。保険失効にならないように、十分気をつけましょう。