転校の引っ越し手続き

転校の引っ越し手続き

単身の引っ越しなら手続きも最小限で済みますが、家族でとなるとかなり量が多くなります。特に面倒なのが転校に関わるものです。
お子様がいらっしゃるご家庭は仕方ありませんが、何度か各学校へ足を運ぶことになりますので覚えておきましょう。転校の方法は公立と私立で違いますので、学校に確認しておくといいでしょう。
まず行うことは、現在の学校に転校届を出すことです。転校届は学校にありますので、印鑑を持って学校に行きましょう。受理されたら「転校確認書」という書類が発行されます。
それを市区町村の役所にもって行き、「転出証明」と「転出学通知書」という2つの書類を取得します。これで再度学校に行き、「在学証明書」「教科書給与証明書」をもらいましょう。
もらう書類は全て引っ越し後の手続きに必要になります。引っ越しした後は新居の管轄市区町村役所へ出向き「転入学通知書」をもらいます。
転入学通知書と在学証明書を持って、新しい学校へ行きます。これで転校の手続きは一通り終わります。その場その場でもらう書類をなくさないように気をつけましょう。
義務教育は書類のみで大丈夫ですが、高校は編入試験があります。当然これに合格することが条件で、プラス希望高校に欠員があるということが必要になります。
私立高校への編入の場合も試験があります。定員よりも学力の有無のほうが、編入には必要なようですね。
書類がないと二度手間になったりすることもあります。各学校には挨拶を兼ねて必ず保護者が出向き、手続きの方法を聞いておくといいでしょう。