新居を決めよう

新居を決めよう

引っ越しをする理由は人それぞれですが、まず必要なものといえば新居です。新居を選ぶにあたり、不動産会社を利用する人がほとんどでしょう。
不動産の契約手続きは考えているよりも時間がかかるものです。必要になる書類などもかなりあります。手続きに余裕が持てるように、引っ越しが決まったらすぐに新居探しを始めましょう。
まずは希望の物件と不動産会社の選定です。新しい活動エリアを見極め、そこに詳しい不動産会社を選ぶのがいいですね。
今はインターネットを利用して物件を探すシステムが確立されています。気に入った物件から不動産会社にたどり着く場合もあるでしょう。
その場合でも、信頼できる業者を選びたいですね。本当は決まっている部屋をわざと載せたり、質問に曖昧に答える業者はやめておきましょう。
出来れば一度、新居付近を見て回ることをお勧めします。距離的な問題で出来ない人もいるでしょうが、やはり街並みや生活環境は見てみないことにはわかりません。
不動産業者で気になる物件をいくつか選んだら、その中を見る内覧を行いましょう。図面だけではわからないこともたくさんあります。
1日しか時間がないという方は、中の寸法やコンセントの位置、カーテンレールの長さなどをメモしておくといいでしょう。納得できたらあとは契約手続きです。
契約が決まったら引っ越しの日にちを決めて、必要な書類である住民票や印鑑証明などを用意します。保証人が必要な場合は、その書類も忘れずに用意しましょう。
そして今住んでいる部屋の解約通知を出すようにしてください。何も言わずに退去してはいけません。必ず通知しておきましょう。