プロバイダの引っ越し手続き

プロバイダの引っ越し手続き

引っ越しで行わなければいけない手続きはたくさんあります。その一つがインターネットのプロバイダの手続きです。
インターネットを使うには回線の工事が必要な住居がほとんどです。稀にインターネットがすぐに使えるような賃貸物件もありますが、基本的には引っ越しすると移動手続きを行う必要があると考えましょう。
気をつけてほしいのが、他のライフラインなどと違い設置するのに時間がかかることです。業者によって異なりますが、一番長いと引っ越してから使えるようになるまで1ヶ月程度かかることもあります。
ですので、日時がわかったらすぐにでも連絡をとるようにしたいですね。仕事でインターネットを使う方は支障が出ますので、もし工事日が追いつかない場合は他の方法を考えなくてはいけません。
固定電話の回線を使っている場合は、NTTに連絡して移転を行います。固定電話がない場合はプロバイダ業者へ連絡するだけで大丈夫です。
電話、もしくはホームページで移転の手続きを行うことができます。契約時の情報が必要になりますので、メールや書面を用意しておきましょう。
このときに、新居での工事日の最短がわかりますので、仕事との都合を考えて決めましょう。これは引き続き同じ業者を使う場合です。
転居と共にプロバイダを変えるなら、新規での契約をしておく必要があります。その際は今レンタルしているモデムなどを返却する必要がありますので、荷物整理で箱を片付けてしまわないように気をつけましょう。
プロバイダ移転で「一番のネックは、新居で使えるようになるまで時間がかかる、ということです。何よりも早く連絡しておいたほうがいいでしょう。