転校先の学校に提出する書類

転校先の学校に提出する書類

進学や就職と違って、学校の転入では手続きが必要です。引っ越しの準備だけでなく、学校の手続きについても確認しておく必要があります。それぞれの学校ごとに提出する書類が違うので、現在通っている学校と転入先の学校の両方に問い合わせる必要があります。荷造りなど転居の準備で慌ただしい時ですから、早めに取り掛かりましょう。
まず、現在通っている学校から手続きを始めます。担任の教師に引っ越しの件を話して転校の手続きをしてもらうことになりますが、1ヶ月間の余裕を持ってお願いすれば、担任の教師も慌てなくて済みます。現在通っている学校から貰う書類は在学証明書と教科書給与証明書の2通です。この書類を転居先の学校に提出します。
引っ越し後の転居先では、居住地の役所に転居届けを提出して、転入学通知書を発行してもらいます。その後、転入先に学校に3通の書類をまとめて提出すれば完了です。一連の諸手続きが、スムーズに行われるように、転居後に通う学校を早く決める必要があります。新しい住所がわかっている場合は、新住所の役所で転入先の学校を早めに教えてもらうようにしましょう。
同じ校区内で転居する場合は転校する必要がないのですが、学校からの連絡が取れなくなるので、担任の教師に転居先の住所を知らせておきましょう。引っ越しの準備で忙しい時は、重要書類をうっかり紛失することがあるので、大切な書類は、別に保管しておくことをおすすめします。