賃貸契約にかかる費用について

賃貸契約にかかる費用について

転勤や就職、進学などで引っ越しをする場合、賃貸物件を確保するためには、家賃だけでなく、敷金や礼金が必要となります。契約を交わす時に、前家賃や管理費なども請求されるので、費用は余分に準備しておいた方がいいでしょう。
引っ越し先の物件でも違いますが、敷金は退去する時に全額返還されるとは限りません。家賃が払えなくなった場合に補てんされることもあります。そのほか、賃貸物件を壊したり、傷つけた場合の費用として使われます。
最近は、礼金を請求しない不動産業者を多く見かけますが、礼金はほとんど返還されませんので、確認しておきましょう。引っ越し後に入居した住まいをきれいにして退去すれば、それだけ敷金の返還額が増えることになります。
壁に穴をあけたり、壁紙を破いたり、床に傷をつけたりしないように注意しましょう。日頃から、こまめに補修をしていれば、大きな破損にならない場合もあります。ホームセンターにあるリペア用具で修理する方法もあります。
賃貸契約に必要な敷金は、全額返還されないことが多いので、契約の時に確認しておきましょう。子供がいる家庭やペットを飼っている場合は、敷金の返還がないこともあるので、その点を十分に納得してから契約を結びましょう。
引っ越しが決まったら、色々な費用を準備する必要があるので出費がかさみます。思わぬ出費も増えてくるので、賃貸契約にかかる費用とは別に予備のお金も準備しておきましょう。