役所の転居届けについて

役所の転居届けについて

転居の準備で忙しくなると、後回しにしてしまうことも多くなりますが、転出の手続きと転入の手続きは重要ですから、きちんと行いましょう。どちらも居住地の役所で行いますが、転出は引っ越しの2週間前から、転入は引っ越してから2週間を過ぎないうちに済ませましょう。
転出の場合は2週間前からできるので、早めに手続きをした方が楽です。世帯主本人が行う場合と代理人が行う場合は、手続きの方法が違うので確認しておきましょう。
世帯主本の場合は、身分証明書や認印が必要です。国民健康保険に加入している場合は、保険証も持参しましょう。委任状を提出する必要があるのは、世帯主以外が手続きをする時だけです。
例外として、引っ越し後に転出手続きをすることもできますが、その場合も2週間を経過しないうちに済ませる必要があります。転出と転入が重ならないように、できるだけ早めの手続きをおすすめします。市外や県外への引っ越しの場合は転出届けが必要ですが、それ以外の場合は、転居届けだけで大丈夫です。
転居先で行う転入手続きは、転出証明書が必要になるので、前の住所で手続きした時の書類を紛失しないように注意しましょう。引っ越しの準備で忙しくなると、ついうっかり忘れてしまうこともあるので、一連の手続きをメモして、書類をまとめて準備すれば、後々面倒なことになりません。
役所の手続きは2週間をめどに済ませる必要があります。公的な手続きですから必ず行う義務があることを忘れないようにしましょう。