犬や猫の移送法について

犬や猫の移送法について

ペットも大切な家族の一員ですから、引っ越しが決まったら、転居先に連れて行く準備をする必要があります。荷物と一緒にペットを運ぶことができない時は、専門の業者を利用しましょう。健康な状態で問題がなければ安心ですが、何か病気をかかえていたり、問題があるときは、事前に詳しく説明しておく必要があります。
業者によっては、引き受けてくれない場合もあるので、引っ越しの準備が始まったら、ペットをどうやって運ぶかを考えておく必要があります。健康状態が良い犬や猫なら、一般的に業者が輸送してくれるでしょう。
最近は、爬虫類や貴重な生き物をペットにする方がいますが、このような動物や家畜になる動物に関しては例外ですから、自分で運ぶ必要があります。その他、妊娠中のペットや生後半年以内のペットも、引き受けてもらえない場合がほとんどです。
近辺の引っ越しなら、自分で運ぶことができますが、遠方へ移動する時は、業者の保証内容も確認しておく必要があります。急な環境の変化でペットもストレスを感じるはずですから、体調不良になることも考えられます。餌や体調管理についても、事前に説明を受けておく必要があります。
引っ越しの準備で忙しくなると、ペットの体調管理がおろそかになることもあるので、出発直前まできちんとしてあげましょう。最近人気のペット保険に加入していれば、有料のオプションも利用できるようですから、事前にチェックしておけば安心ではないでしょうか。とにかく可愛いペットを無事に転居先まで連れて行けるようにしましょう。