新居の掃除で慌てない方法

新居の掃除で慌てない方法

転居が決まったら、色々な準備で忙しくなります。することが多いので、疲れてしまいますが、今住んでいる家だけでなく、これから住む家のどちらも掃除しなければいけないのです。
いま住んでいる家は、引っ越しの準備をしながらお掃除できますが、これから住む家まで手がまわらないかもしれません。できたら、引っ越し先の掃除もある程度やっておいた方が楽です。入居前に間取りをみることがあるので、その時に簡単な掃除をすませておきましょう。フロアーのモップかけなどは、大型の家財道具が入らないうちが簡単です。
長年住み慣れた家もきれいにしておきたいものです。不動産との契約が終了する段階で、チェックが入ることもあります。壁やゆか、畳の日焼けは自然現象ですから、問題ないのですが、お風呂場やトイレ、台所などの水周りは、汚れが目立つところですから、できるだけきれいに掃除しておく方がいいでしょう。
日頃から、こまめな掃除をしていれば、引っ越し前に慌てる必要がなくなります。壁や床など傷が目立つようなら、自分で補修することもできます。最近はホームセンターで補修材を販売しているで利用しましょう。床の傷にはクレヨンタイプの補修材がおすすめです。
賃貸契約を解消する場合、ハウスクリーニングの費用を請求されることもあるので、できるだけ、きれいな状態にしておいた方がいいでしょう。引っ越しの準備で忙しくてもきちんと掃除して退去するようにしましょう。