転居先の防犯対策をする

転居先の防犯対策をする

転居先の住まいを下見する時に、防犯対策を考えておく必要があります。マンションやアパートの管理体制でセキュリティ会社と契約していれば安心ですが、高級マンションでなければ、それほど期待できません。自分で防犯対策を考えて、準備する必要があります。
道路に面している部屋の場合は、誰が住んでいるかわかりやすいので、プライバシーをしっかり守るようにしましょう。一階だけでなく、上層階でも犯罪が多発しているので、油断は禁物です。ベランダ越しに侵入されたり、屋上からベランダ越しに入って来ることもあります。
空き巣狙いは、上層階の方が多発していると言われています。侵入経路が限定できないこともあるので、防犯対策は引っ越し前から準備するようにしましょう。マンションやアパートには、駐車場からの通路や正面玄関からの通路があるので、それぞれのセキュリティをチェックしておきましょう。
エレベーター内に防犯用のビデオカメラがあるか、緊急の連絡ができるかなど、詳しくリストアップして準備しておく必要があります。女性が一人暮らしをする場合は、近隣の環境を重視する必要があります。引っ越し先の住まいに常駐の管理人がいない場合は、近くに交番や警察署があれば安心です。
賃貸で入居する時は、防犯対策として、玄関の鍵を交換してもらう必要があります。スペアキーを作られて、犯罪に巻き込まれたというケースもあるので、引っ越し先の住まいに入居する時は、新しい鍵に交換してもらいましょう。不動産業者と交渉して費用を出してもらうこともできます。