引っ越しの見積金額の見極め

引っ越しの見積金額の見極め

引越し料金を安く抑えるワザとして、見積りに注目してみます。業者から一方的に提示される引越し見積り金額。値切っている人たちもいる一方、料金が高いのか安いのか分からないため、値段交渉もせずに「言い値」でお願いしてしまう人も少なくありません。引越しの見積り金額を安くするためには、引越し料金の相場を把握し、それをもとに業者と値段交渉するのが成功への第一歩です。

しかし、引越し料金は定価がないため、相場を知るには相見積りを入手して、おおよその料金を把握する方法しかありません。そんなときに役立つのが引越し一括見積りサイトです。これを利用して数社から見積りを取り、じっくりと料金相場を見極めましょう。引越し見積りの金額を見る際は、全体の料金だけでなく、各項目ごとの料金も把握しておくと交渉の時に有効的です。ちなみに、引越し料金は「運賃」+「人件費」+「梱包費」+「保険料」+「付帯サービス」に分けられます。相見積りを値段交渉で利用するときは、どの項目が他社と異なっているかを指摘し、どうしてほしいのか具体的に提示するとより効果的です。例えば、運賃が高い場合は「トラックはもう1つ小さくても大丈夫ではないか?」人件費が高い場合は「人数を減らせないだろうか?」といった具合です。ただし、見積り担当者のプロの意見にも素直に耳を傾け、総合的に判断を下すことは大切です。基本プランに含まれないオプションサービスの見直しも有効です。エアコンの着脱、乗用車の輸送、ピアノ運送、配線サービス、不用品の処分、掃除などがこれにあたります。オプションサービスを利用すると引越しはラクになりますが、料金はかさんでいきます。引越しの見積り料金を安くするのは、「自分でできることは自分でする」ことが大前提です。