各種手続き

各種手続き

引越し予定日が決まれば、数週間前から様々な手続きを行わなくてはなりません。手続き漏れがあると後々大変なことになるので、予めチェックリストを作成しておくことをオススメします。

引っ越しで必要になる手続きは以下の通りです。まず予定日より一カ月以上前から必要になるのが「転校の手続き」「住居解約の手続き」です。転校の手続きに関してはお子さんがいるご家庭に限ります。いきなり転校することは難しいので、手続き前には学校の方に転校する旨を伝えておくと良いでしょう。住居解約に関しては、賃貸を借りている方は誰もが行わなければなりません。家主側の都合もあるので、出来るだけ早めに引っ越しを伝えておきましょう。3週間前になると、「電話移転手続き」「ネット回線手続き」をします。2週間前でも手続きできなくはないですが、引っ越しは週を追うごとに忙しくなるため早めに手続きできるものはしておく方が理想的です。

2週間前になると「転居届」「電気代移行の手続き」「水道代移行の手続き」「各業者などに住所変更の手続き」が必要になります。転居届は郵便物が新居先に届くように、新しい住所に変更する郵便局へ出す届け出です。各業者等の住所変更とは、利用しているサービスやカード等に登録してある住所を変更するための手続きのことです。これらは最悪前日・当日でも変更はできますが、ドタバタやアクシデントの発生を避けるために早めに手続きしておきましょう。これらの手続きに加え、荷造りや部屋の掃除も行っておかなくてはいけないため、余裕を持てるよう一日刻みでスケジュールを立てておくと良いかもしれませんね。