荷物の上手な詰め方

荷物の上手な詰め方

引越しの準備で一番手間がかかる荷造り。ダンボールが多ければ多いほど、引っ越しにかかる料金も高くなってしまうため頑張って量を減らそうとぎゅうぎゅうに詰める方もいるかもしれません。しかし、確かにダンボールの数は減っても荷物の詰め方が下手であれば意味が無いのです。運送途中にちょっとした衝撃で食器等の割れ物が壊れてしまったり、一つのダンボールに統一性のない物を詰め込んでしまうと新居での荷ほどきに一苦労です。どれだけダンボールの数を減らせるかではなく、どれだけ上手に荷物が詰めれるかを心がけて荷造りを行うようにしましょう。

まず食器類ですが、割れを防ぐためひとつひとつ丁寧に新聞紙等で包みます。同じ食器を重ねたい気持ちも分かりますが、外からの衝撃に耐えきれず簡単に割れてしまいます。食器を詰めた段ボールには隙間を作らず、余ったスペースには紙を丸めて詰めておくと良いでしょう。大手業者では食器専用の箱を貸し出しているところもあります。料金はそこまで高くないので、是非活用してみると良いかもしれませんね。必要な資材(ミラーマットやエアーキャップ等)は業者側から借りることも出来ますし、家にある古紙などを使う方法もあります。

その他の荷物は一緒の箱に適当に詰めるのではなく、配置スペースごとに区別しておくと新居で荷ほどきしやすいです。ダンボールに「机周り」などの文字を書いておくことで混乱を防ぐ事ができ、スムーズに作業が進むことでしょう。