旧居と新居の掃除

旧居と新居の掃除

旧居の掃除と新居の掃除は欠かすことができない引越しの準備です。どちらも時間がかかる作業なので出来るだけ短時間で効率よく行えるよう心がけましょう。また旧居を掃除する場合、退去後にお掃除業者が清掃に来る場合があります。もちろん契約によっては来ないこともあるので管理人に確認しておきましょう。

掃除すると言っても長年の生活で染み付いた汚れやカビはそう簡単に落とせるものではありません。新居みたく完璧にきれいにすることはできませんが、出来るだけ頑張って掃除するようにしましょう。床やフローリングは基本水ぶきで行います。この時に木目に沿って拭くときれいに汚れが落ち効果的ですよ。一度水ぶきをしたら、水が渇いてシミにならないうちにから拭きを行います。から拭きすることによりフローリングにツヤが出るため新居のようにピカピカになります。

油汚れが多いキッチンでは、市販の洗剤を使用して掃除します。頑固な油汚れは中性洗剤では溶けません。できるだけ強力なアルカリ性の洗剤を使用すると良いでしょう。洗剤で拭く前に熱湯である程度油を浮かせてから洗剤を使うとより効率よく油を落とすことができます。次に天井汚れですが、わざわざ壁紙を変える必要はありません。ある程度ほうきなどで汚れをはたき落とせれば大丈夫です。最後に窓ですが、新聞紙を使うときれいに磨き上げることができます。はじめは濡れた新聞紙で全体の汚れをきれいにふき取り、仕上げに乾いた新聞紙で擦るように磨きましょう。新居ではここまで本格的に掃除する必要はありませんが、床やフローリング、窓ふきくらいはしておいた方が良いかもしれませんね。