挨拶回り

挨拶回り

引越しの準備は荷造りや移行手続きのみではありません。引っ越しするとなるとご近所への挨拶は欠かさずに行いましょう。あまり交流が少ないご近所さんでもきちんと挨拶するのがマナーです。しかし引っ越しの挨拶をする機会なんてそう多くはありませんよね。一体どのくらいの範囲に挨拶すればいいのか、何か渡した方がいいのか分からないことも多いはずです。

基本的に挨拶をする範囲は「ご近所さん」や「お世話になった方」です。そう遠くの方に挨拶に行くのもおかしいですよね。今まで暮らしてきて、ある程度交流を持ち、親切にしていただいた方には欠かさず挨拶を行いましょう。また特にお世話になった方にはギフトを贈るのもオススメです。あくまで気持ちの問題ですので何を贈るのが正しいのかなどはありませんが、タオルや石鹸などの高すぎない日用品等を送るのが一般的です。可愛く包装して渡すことで気持ちがこもったギフトになることでしょう。

挨拶回りは旧居だけでなく、引っ越し先で行うこともマナーです。これからお世話になるであろう大家さんやご近所の方には一言でも挨拶を行っておくこと。家族で引っ越した際には家族みんなで顔を出すのが一般的です。ギフトは必ず贈る必要はありません。時と場合にもよりますし、気持ちを伝えたかったら贈る程度のもので構いません。挨拶自体を行わない人も増えているようですが、人付き合いは大切なことです。日本人の礼儀としても挨拶は行っておきましょう。