幼稚園の転園手続き

幼稚園の転園手続き

園児のお子さんをお持ちの方が引越しをする場合、幼稚園・保育園の転園手続きが必要になります。とは言っても、引越し先の近隣の幼稚園・保育園に空きがなければ、一般的には転園できず、編入を断られてしまうことが多くあります。まずは、引越し先の近隣で、空きがある幼稚園・保育園を探すことから始めましょう。

幼稚園・保育園の空きが見つかったら、手続きに入ります。手続きの方法は、各市町村によって若干異なりますが、一般的な手続きとしては、現在通園している幼稚園・保育園から「在園証明書」を発行してもらい、新しい幼稚園・保育園に「在園証明書」と新しい住所の住民票を提出するようになります。手続きは、基本的にこれだけですが、幼稚園の場合は、途中から入る場合も、入学金が必要になる場合も多く、また、指定のバックや制服などがあることもありますので、費用がかかる可能性もあります。費用面がどのくらいかかるか不安な方は、事前に問い合わせをしておいた方が良いでしょう。

最近では、幼稚園・保育園ともに定員に空きがなく、途中入園が難しい地域も多数あります。どうしても、引越し先の近隣の幼稚園・保育園に空きがない場合は、無認可の保育園なども、検討した方が良いでしょう。無認可の場合、費用が高額になることもありますが、子供の為にも自分の為にも、どうしても保育園に入れてあげたいということであれば、ひとつの選択肢として無認可の保育園も入れておくと良いでしょう。